昔の映画もパソコンの動画配信サービスで観ることができるようになり、家にいながら楽しむことが出来ます。

私はよく映画を観に行きました。

赤ん坊の頃、何の映画かは当然わかりませんが、父が私を連れて観に行ったそうです。

小学生のとき、やはり父が弟たちも連れて、まんが祭りを観に行った記憶があります。

中学生のとき友人と観た最初の映画は、マーク・レスターとトレイシー・ハイドの「小さな恋のメロディ」です。

小学生の二人がお互い一目ぼれし、デートを重ね最後に駆け落ちする話です。

子供の淡い初恋の話で「駆け落ち」という日本ではありえない内容でしたが、私もまだ子供だったから意味がわからなかったと思います。

流れる音楽もビージーズでした。

こうしていると、今から、レンタルショップに行ってDVDを借りてきたくなってきました。

観れば、あの頃の純真無垢な気持ちに戻れるかもしれません。

高校生のときには、「エクソシスト」という恐怖映画を観に行きました。

女の子が悪魔に取り付かれ、次々と人が殺され、神父さんが命をかけて悪魔祓いをする話です。

そのとき流れていた音楽もインパクトがあり、怖さが倍増しました。

今でもその曲は頭の中に残っていますが、曲のタイトルは忘れました。

ものすごく混んでいたので生意気にも指定席で観たのですが、今観ても凄く怖いのによく観に行けたなと思います。

その後も友人たちとたくさんの映画を観てきましたが、印象に残るような作品はわずかですし、この頃は観に行くこと自体があまりありません。

それに、近ごろは期間が過ぎるとテレビで放映するし、パソコンで動画配信サイトがたくさんあるので、古い映画もすぐに観ることができるので便利になりました。

さて、今から昔の映画を動画配信サイトで観ることにします。顔 脱毛 口コミ